徒然草

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クリムゾン・ドゥームズデイ

 世界史上に突如として現れた共産主義国家ソビエト連邦。
 共産主義者にとって旗手であり、資本主義社会にとっては悪の総本山ともいえるこの赤い大国は、中に大問題を抱えていた。
 ヨシフ・スターリン書記長。ソビエト連邦の権力を一手に握る独裁者は骨の髄まで猜疑心で出来ていた。彼に仲間という概念はなく、すべてを敵か追従者の二つで考えていた。己の権力に対する保身がそうさせるのだろうか。
 スターリンは自分より有能な者は、すべて自分の脅威だと考えるようになっていた。彼は自分を名実共に頂点とし、己の地位を確立したものとしたがっていた。
 独裁者の猜疑心は周囲の警戒を呷った。赤軍の最高司令官であるトハチェフスキー将軍は、自分がスターリン粛清リストのトップであることを理解していた。少々傲慢な言い草ではあるが、トハチェフスキーの能力はスターリンを大きく凌駕しているからだ。
 トハチェフスキーは自分が粛清されるのを指を咥えて見守っているほど甘くはなかった。彼は独裁者の目に触れるよう水面下で工作を繰り返し、ついに行動に出たのである。
 ヨシフ・スターリン追放。
 独裁者だった男はトハチェフスキーによって追い落とされ、シベリアに行くまでもなく銃殺されたという。スターリンの後任は外務大臣を務めていたモロトフに決まった。これはモロトフの能力に期待した、というよりもモロトフが人畜無害で、トハチェフスキーを始めとする軍の言いなりになってくれるからであった。
 こうしてソビエト連邦は軍が人民を統治する軍人国家となったのだった。
 時は世界大戦に向かって確実に動き始めていた………。
 と、いうわけで発売されましたね、ハーツオブアイアン2ドゥームズデイ。
 私は早速ソ連36年開始でプレイを始めてみたんですが、いきなり暴走する政治家イベントでスターリンが追放されてしまうという超素敵イベントが始まってしまいました。
 その辺りのことを踏まえて冒頭の文を書いてみたんですが、本当にHoI2って架空戦記エディタですよね! リプレイを小説にすれば無限に書き続けることが出来そうな気がしますよ。
 みんなでマルチプレイして、そのリプレイ記を小説にするのも面白そうだよなぁ………。まぁ、小説書く暇があるならHoI2DDをプレイしたい私がいるのですが(何

ScreenSave0.jpg

↑スターリンが追放されたモロトフ政権の図w


ちなみにヴィシーフランスが建国されなかったり、かなり火葬な勢いで進んでいってますw
スポンサーサイト
  1. 2006/08/05(土) 18:55:26|
  2. HoI2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<このごろの山本さん | ホーム | 拍手のお礼>>

コメント

>みんなでマルチプレイして、そのリプレイ記を小説にするのも面白そうだよなぁ

 それは実に面白そうですねw 今年の小説コンペはそれにするかなw

>暴走する政治家イベントでスターリンが追放されてしまう

 ちょ、スターリンwwwww
 こうなるとトロツキーがカナダから帰ってくるイベントが欲しいですねw
  1. 2006/08/10(木) 08:15:16 |
  2. URL |
  3. 早池峰 #w1X/gZh6
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamzui.blog57.fc2.com/tb.php/4-80083e73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。