徒然草

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

セリフ部分は全部記憶モードなので違う可能性大

※後輩の家に皆で集まって酒飲みながらソラノヲト一話鑑賞中の出来事

リオカナタ……私はお前のことをどうしようもない臆病者だと思っていたが、そうじゃなかったんだなぁ。
   お前はお前の楽譜のためなら命だって捨てられる、勇気の持ち主だったんだなぁ………
   カナタ、死ぬなよ………」


後輩たちが「キャラクター造詣がけいおんぽい」とか「世界観がよくわからん」とか真面目にアニメ見てる中、山本さんは独り富嶽のいたところ戦場まんがシリーズの世界を彷徨っていたとさ。




戦場交響曲のラストの場面のセリフを調べようと部屋中探したのにザ・コクピット2巻だけ見つからないでやんの。
たぶん↑に書いたセリフは間違いだらけなので、後日2巻を買い足して修正しよう。
何より戦場交響曲が読みたくてしょうがない(’□’;
スポンサーサイト
  1. 2010/01/13(水) 21:01:19|
  2. 未分類
  3. | コメント:1

少し(だいぶ)遅い新年の挨拶

皆様、どうも、山本 瑞鶴です。
2010年になってしまいましたね。

昨年末は駿河南海軍工廠に誘われて小田原ですき焼き食ったり、その後小田原の漫画喫茶で修羅の刻全巻読破したりと好き勝手に遊んでいたZHURAVLIKですが、2010年はHP開設から10年目を向かえることになります。
よって2009年のような半年に1回更新で2010年を終わらせるつもりはありませんよ!

今年はちゃんと1本架空戦記を仕上げます。
分量的には全一六章くらい?を想定してます。今、一章目を書いてますが、そこそこ筆がノッてくれてますので、1月半ばまでには公開できるようになるかと思います。
とりあえずやる気(だけ!)はまだありますので、皆様、2010年もZHURAVLIKをよろしくお願いします。


………しっかし修羅の門も修羅の刻も、出てくるヒロインが全員ツンデレってすげーな。
どんだけツンデレ好きなんだよ、川原先生w
  1. 2010/01/07(木) 23:06:36|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。