徒然草

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大火葬第三帝国

今日、久しぶりに小説を追加しました。
といっても実はコレ、去年の夏にコミケで出した作品が元なんですよね。若干の修正を加えましたが。

さて、あんな小説を書いたからには一言残さないといけないと思うのでブログの方に書かせてもらいます。
私は決してナチス崇拝者ではありません。ナチズム、それはアドルフ・ヒトラーと言う男の妄想が生んだ醜いエゴイズムであり、否定すべき思想であります。
しかし第三帝国の首脳部と言うのは調べれば調べるほどに濃ゆい面子が揃っている事がわかり、小説のネタにしやすいのです。そこで私は大火葬戦史という、ドイツがナチズムという妄想に取り付かれていない世界を使って、あの濃ゆい面子を動かす事にしました。続きが書かれるのかどうかは私にもわかりませんが、何か思いついたら連載にしてみたいとは思います。
スポンサーサイト
  1. 2006/08/27(日) 20:56:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボリース!

今じゃそんな時間は欠片もないんですが、チョイ前までは私、オンラインのMMORPGをよくやっていました。
RPGなので、敵と戦い、武運つたなく死亡してしまうことが多々ありました。おまけに私のキャラはパーティーに一人いたらありがたいけど、ソロでは満足に戦えない純粋支援キャラだったので、死亡率はかなり高かったです。

そんな中、死ぬ度にポツリとネタを仕込んで死ぬのがクセになっていました。


「帰ったら、部屋の電気を消しておいてくれ………」


このセリフだけはガチだよなぁ。おまけに案外、通じたりするし。
  1. 2006/08/23(水) 23:47:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悠久の風はゲーム史上に残る名曲

さて、日本のゲーム業界におけるRPGの頂点と言えばDQことドラゴンクエストと、FFことファイナルファンタジーの双璧であることに異論はさほどないと思います。セールス的にも、知名度的にも両者は他と圧倒的な差をつけていますからね。

私はFFはスーパーファミコンの6までしかやったことないのですが、一番面白かったFFは何かと聞かれたら、「3」と即答する人生を20年ほど送ってきました。
むしろファミコンで一番面白かったゲームは何? と聞かれたらFF3と答えるほどに、私はFF3が大好きです。
そのFF3がこの度、めでたくDSで発売される事になりました。イエッフー。
公式ページを見る限りでは懐かしさと大胆さが共存する、心地よいアレンジになっているようですね。

しかしここ最近、期待のゲームに裏切られ続けているのも事実(DS版メタルサーガは未だに許せない)。
FF3は俺を裏切らないはずと信じつつも不安な日々をすごしています。 [悠久の風はゲーム史上に残る名曲]の続きを読む
  1. 2006/08/21(月) 20:15:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミリタリーなぞなぞw

さて、問題です。

本土決戦がまことしやかに囁かれていた頃、槍を量産して本土防衛部隊に配備し、対戦車戦闘として肉弾挺身作戦を訓練させ、第二次世界大戦中ボルトアクションの小銃だけで戦い抜いた、海軍が自慢の島国はどこでしょうか?


こういうページを見ている貴方なら、即座に返答できますよね?
答えは大英帝国です。




どこの国でもピンチになれば同じ事を考えるんだなぁ、と思った夏の夜でした。 [ミリタリーなぞなぞw]の続きを読む
  1. 2006/08/18(金) 21:26:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

このごろの山本さん

家に帰れば夜の九時。晩飯(コンビニ弁当)食って、風呂に入れば一〇時………メルティブラッドを二時間プレイするのが限界な一日を、全力で生きている山本です。
ちなみに昼間は仕事もせずに、ひたすら脳内でアニソンを反芻しています。スターダストボーイズは名曲だなぁ(仕事しろ)

さて、現在、我がZHURAVLIKのトップページには「ZHURAVLIK掲載作品名セリフ集」として過去作品のセリフをランダムで表示するようにしています。
これも設置してから一年以上経過し、さすがに古くなってきた感があるので新バージョンに切り替えようと思っています。
そこで、その新バージョンの名台詞を公募してみようと思います。応募がゼロだったら泣きながら自分の好きなセリフ入れます(´・ω・`)

応募条件は
1:ZHURAVLIK掲載作品であること
2:そう長くはないこと(トップページの看板代わりになる程度の長さでお願いします)
以上の2点くらいです。
別に一人のセリフだけでなく、二人以上の掛け合いでも一向に構いません。
「応募してやるぜ」という方は掲示板に書くか、このブログのコメントに書くか、もしくは私にメールを送ってください。

では皆様の応募を心待ちにしております。
  1. 2006/08/17(木) 22:35:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

クリムゾン・ドゥームズデイ

 世界史上に突如として現れた共産主義国家ソビエト連邦。
 共産主義者にとって旗手であり、資本主義社会にとっては悪の総本山ともいえるこの赤い大国は、中に大問題を抱えていた。
 ヨシフ・スターリン書記長。ソビエト連邦の権力を一手に握る独裁者は骨の髄まで猜疑心で出来ていた。彼に仲間という概念はなく、すべてを敵か追従者の二つで考えていた。己の権力に対する保身がそうさせるのだろうか。
 スターリンは自分より有能な者は、すべて自分の脅威だと考えるようになっていた。彼は自分を名実共に頂点とし、己の地位を確立したものとしたがっていた。
 独裁者の猜疑心は周囲の警戒を呷った。赤軍の最高司令官であるトハチェフスキー将軍は、自分がスターリン粛清リストのトップであることを理解していた。少々傲慢な言い草ではあるが、トハチェフスキーの能力はスターリンを大きく凌駕しているからだ。
 トハチェフスキーは自分が粛清されるのを指を咥えて見守っているほど甘くはなかった。彼は独裁者の目に触れるよう水面下で工作を繰り返し、ついに行動に出たのである。
 ヨシフ・スターリン追放。
 独裁者だった男はトハチェフスキーによって追い落とされ、シベリアに行くまでもなく銃殺されたという。スターリンの後任は外務大臣を務めていたモロトフに決まった。これはモロトフの能力に期待した、というよりもモロトフが人畜無害で、トハチェフスキーを始めとする軍の言いなりになってくれるからであった。
 こうしてソビエト連邦は軍が人民を統治する軍人国家となったのだった。
 時は世界大戦に向かって確実に動き始めていた………。 [クリムゾン・ドゥームズデイ]の続きを読む
  1. 2006/08/05(土) 18:55:26|
  2. HoI2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

拍手のお礼

web拍手を再設置してから2週間以上が経ちましたが、分不相応なくらいに拍手が集まっています。

よーし、やる気パルス(by島本和彦)が蓄えられた事だし、戦争時代の続きでも書くぞ!


………と思ったらweb拍手のほとんどが鋼の聖女宛てだったりする(少なくともメッセージをつけてくれた人はみんな鋼の聖女を応援してくれていました)。
鋼の聖女はDS版メタルサーガで登場した新設定を反映したいので、ゆっくりと進行させて行きたいと思っています。ミュートとか美味しすぎる設定が増えましたからね、DS版で。
  1. 2006/08/02(水) 19:29:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。